認証基盤との連携

Active Directory/LDAPサーバと連携できる情報

ユーザ

Active Directory/LDAPサーバと連携を行った場合は、Xythos Document Manager独自のユーザ管理機能は利用できなくなり、全てActive Directory/LDAPサーバのユーザ情報が使用されるようになります。

ユーザ情報はユーザIDや表示名だけではなく、EメールアドレスもActive Directory/LDAPサーバ上のものが使用されます。

グループ

Active Directory/LDAPサーバで登録されているグループ情報の利用が可能になります。また、ネストされているグループも正しく扱う事が出来ます。

なお、グループ情報に関しては、Xythos Document Manager独自のグループ(グローバルグループと呼ばれます)は、そのまま利用が可能です。

属性情報によるアクセス制限

Active Directory/LDAPサーバでユーザに設定されている属性情報を読み取り、特定の条件を満たしたユーザのみアクセスを許可する事が可能です。

属性情報や所属グループによるユーザテンプレート設定

ユーザのホームフォルダの位置や言語設定・タイムゾーン等をテンプレートとして保存するユーザテンプレートという機能がXythos Document Managerにはありますが、これをユーザの属性情報や所属グループとマッピングする事が可能です。

これにより、ユーザの言語設定等を自動化する事が可能です。

機能を確認する

Xythos Document ManagerとXythos Digital Lockerに機能的な違いはありません。