Xythos Digital Locker

Xythos Digital Lockerとは

Xythos Digital Lockerは、学術機関や研究機関のためのセキュアなドキュメント管理システムです。

多拠点で情報を共有するための設計されたXythos Digital Lockerの機能は、小・中・高等学校、短大や大学において、教育機関のニーズとしてある安全なファイル保管やコンテンツの公開、研究プロジェクトにおけるコラボレーションや管理コストの削減を満たす解決策となります。

ラーニングシステムと共に、教育機関におけるセキュアなコラボレーションや、貴重なコンテンツを保護する研究文書管理のための統合ファイルサーバとして利用されています。

dl_concept.jpg

Xythos Digital Lockerをお勧めする理由

学生や教職員はどこからでもコンテンツにアクセスすることが可能です

Xythos Digital Lockerを利用することによって、学生や教職員は、インターネットさえあればキャンパス外からいつでも個々のファイル管理領域にアクセスする事が出来ます。

これらのファイル管理領域では、ユーザは個々のフォルダを作成することができ、個別のアクセス権限と共に、クラス活動、個人的なファイル、独自のWebサイトなどの作成が可能です。

Xythos Digital Lockerの管理者は、個々のフォルダに帯域や割当容量の制限を設定する事が出来、システム資産を均等に配布する事が可能です。また、Active Directory/LDAPサーバ等のディレクトリサービスとの統合や一般的な伝送暗号化方式は、インターネット経由のアクセスに対するセキュリティを確実にします。

コンテンツの管理を利用者に任せる事が可能です

学術機関や研究機関では、多様なデータを取り扱う事から、利用者自身でアクセス権等の管理が出来ないと運用が難しい場合があります。

Xythos Digital Lockerであれば、アクセス権の管理はもちろん、アクセスログの確認もユーザが自分で行う事が出来るため、システム管理者は初期設定だけを行い、後は利用者に運用を任せる事が可能です。

エンタープライズレベルのシステムをアカデミックライセンスで

Xythos Digital Lockerは、Xythos Document Managerと完全に同一の機能セットをアカデミックライセンスでご提供するパッケージです。数万ユーザでの同時利用実績のあるエンタープライズレベルのシステムを、限られた予算の中でもご納得頂ける価格でご提供致します。

機能を確認する

Xythos Document ManagerとXythos Digital Lockerに機能的な違いはありません。