高尾山パワー

みなさま、こんにちは。うめでございます。

?

前回のゆづさんも触れておりましたが、先週、東京・大阪と2日間に渡り

ユーザ会「Xythos World 2009」が開催されました。

皆様のおかげを持ちまして、大盛況のうちに無事終了することができました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。

(当日の模様につきましては、現在鋭意編集中でございます)

?

話は変わりますが、最近、ちょっぴり不思議な経験をしました。

?

私は家族の影響で、毎年高尾山御護摩修行を受けております。

修行といいましても、滝に打たれたり、山を駆け上ったりではなく、お坊さんがご本尊の前で読経する所へ同席させていただくものです。

?

家族の中に御護摩を受けたあと、不思議な体験をした者が数人おり(単に暗示にかかりやすい家系なのかもしれませんが)、そんな話を友人にしていたところ「是非行きたい!」と言いだしたMちゃんと先日、高尾山へ行って参りました。

?

そのMちゃんは、寝ている間に誰かに引っ張られる感じがして朝起きると、腕に五本指の跡がアザのように残っているのでお祓いをしたいとの事。

…こ、こわい。

?

そして行くと決まったのは2月。行く事ができたのは4月。

大雨になったり、が降ったり、私の親戚が緊急入院したりと「これって邪魔されてる??」と本気で思うほど、当日の予定がダメになってしまうのです。

?

やっと行けた日も、山のふもとで名物とろろそばをすすっていると、消防車何台も山を上って行きこれは山火事かっ!今日もダメなのかっ!という場面に遭遇。結局は大丈夫でしたが。

?

御護摩申込所で、かくかくしかじかと担当の方にお話すると、

「わたくし、俗人ですので、お坊さんを呼んでまいります」と。俗人かあ…。

来て下さったお坊さんは話を聞くなり、「悪霊退散だな、これは」と、申込書にとても上手な字で悪霊退散の4文字を書き、さらに赤鉛筆大きなマルして下さいました。悪霊退散って、家内安全とか商売繁盛とかと同列な感じで使えるのですね

?

いざ、本堂の中へ入ると、Mちゃんは肩が重くなってきた?と辛そう。読経が始まると、目をつむり合掌しているMちゃんが私に寄りかかってきた!!こ、これはお坊さんに助けを求めることになってしまうのかとドキドキでしたが、無事、修行終了。Mちゃんに寄りかかってる意識は全くなく、逆に私が寄りかかってきていると思ったそうです。

?

直後、肩が軽くなった?と言ったMちゃんの片手の甲は、一面アザのように変色!

うそだ?!と思われますよね、きっと(笑)

?

その数日後、もう一人の友達を交えてその話をしていると、もう一人の彼女が「Mちゃんの周りの群青色がなくなったもん」と一言。

な、なにそのぐんじょういろって!アナタ何かが見えてたのですか??

?

Mちゃんはその後、なにかスッキリした感じ!と喜んでいます。

?

非日常な経験だったものでついつい書き連ねてしまいました。

長文失礼いたしました!

コメントは受け付けていません。